リフォーム
リフォーム
リフォームビルダー
リフォーム電話でお問合せ
メールでお問合せ

Q&A全般

リフォームは何処に頼めばいいのか?
リフォームとひとくちに言っても、目的や工事内容によって適切な依頼先が変わってくると思います。そこで、リフォーム会社のタイプと特徴を上げて見ましょう。

Q&A2

・全国展開をしている、大手リフォーム会社

こうした会社は、マニュアルに基づいて堅調に進んで行く場合が多く、保証もはっきりとしているので、手堅く安心にリフォームをしたい方向きと言えるかもしれません。

ただし、営業・設計・現場と受持ちが分かれていて、融通が利かないとの声も聞きます。また以前は、価格が高くて当たり前といった感じでしたが、最近ではだいぶコストも下がってきたようです。

・工務店

地場に根ざした実績ある工務店ならば、確かな工事で安心感がありますし、不具合の補修にもすぐに来てくれる事が期待できます。

一般的に、プランやデザインの提案力に欠ける所が多いのと、新築よりリフォームの実績を確認する事が大事です。

・リフォーム専門店

リフォーム専門店は千差万別で、工務店や専門事業者がそれぞれの強みを持って運営したり、また畑違いの業種から独自の営業手法で成功している業者も多いです。

また、自分がしたいリフォームと業者の持つ強みが一致して、思い通りのリフォームが出来たいう意見も多く聞きます。

一方で質の低い業者も多く、悪徳リフォーム業者と呼ばれる会社の多くは、このタイプです。どちらにしても、一方的に訪問販売のような手法で営業をしてくる会社は、避けたほうが良いでしょう。

・設計事務所

日本の住宅建築では、まだ直接、設計事務所に依頼する割合が伸びていないようです。本来、直接専門家に相談する一番の窓口であるはずですが、特にリフォ-ムでは敷居が高いようです。設計事務所といってもいろいろで、得意分野もさまざまです。
リフォームに不慣れだったり、かえって思い通りに出来なかったという声も聞きます。

しかし、本気で理想の住まいのためのリフォームを考える上で、確かな知識と技術を持っている建築家は強い味方になってくれるでしょう。

Q&A1

まずはそれぞれの特徴を踏まえて、自分がどのようなリフォームをしたいのかを、良く考えてみてください。
その上で、労を惜しまずにあたってみて、なおかつ慎重に判断してくださいね。


リフォームと新築ではどちらが得か?
どちらが得かといっても、その基準を何処に置くかにより当然変わってきます。
絶対的な金額でいえば、リフォームの方が安く済む場合が多いでしょう。だからといってそれが得とはいえないと思います。基本的な構造体のみを残した大規模なリフォームでは、新築並みの工事費がかかる事も珍しくありません。これでは、新築の方が良いに決まっていますが、法規上今と同じには建てられない場合もあって、リフォームの方が得になる事も有ります。そこで、リフォームのメリットを上げてみましょう。

1.建物を新築するには役所への申請が必要です。その場所の法規が建造時と変わってしまった場合、既存建物と同じ面積を確保できずに、建物が狭くなる場合があります。
申請が不要な形で(リフォームすべてが不要では有りません)リフォームをすれば、広さは変わりません。

2.すべてが新しく綺麗になる事が良い事とは限りません。今まで住み続けてきた思いや記憶をつなぐ形でリフォームできれば、そこに住む家族や人々にとって、とても意味のある事だと思います。
また、今の土地に建て直す場合は良いですが、別の場所に移る場合は、住み続けてきた土地を離れなくてはなりません。

3.すべてを壊して建て直すより、使用材用や産業廃棄物を少なくできます。必要最小限の解体により、廃棄物の発生抑制(リデュース)や既設材料を適正に再利用(リユース)する等、省エネルギー社会を目指す上でリフォームの重要性は増してきます。

このような事に当てはまる、あるいは共感できる方は、リフォームで得を感じられるでしょう。


二世帯住宅

リフォームで二世帯住宅への基本的なポイントは?
近頃経済的な理由も有ってか、二世帯住宅を考える方が増えているようです。二世帯住宅といっても、住まわれる方によりタイプも様々で、自分たちにとって何処を共有し、何処を分離するのが最適か良く話し合いましょう。共用タイプではコンパクトにできて、経済的ですが、プライバシーを確保するのが難しくなります。いかに最低限の住み分けを配慮できるかが、ポイントです。一部共用タイプでは、お互い何処を別にし、何処を共有するかよく検討しましょう。良いプランにより、程よい距離感とふれ合いを作り出せるようにしましょう。

完全分離タイプに出来れば、独立性を保ちながらお互いに気兼ねなく生活できますが、すべてのスペース・設備が2つ必要となるので十分な広さと予算が必要になります。

それぞれの家族構成、考え方、スペース、予算を良く考えて、メリット・デメリットを予め確認したうえで、プランを進めましょう。


木造耐震補強

耐震診断は必要?
大地震おける被害の検証により、地震時に自力で脱出避難する事は難しく、住民の命を守る為には最悪でも「建物が倒壊しない強度の必要性」が 再認識されました。それと同時に、昭和56年以前の基準で建てられた木造住宅には、十分な強度が確保されていない可能性が高い事も浮き彫りになりました。
そこで、木造住宅の耐震改修促進を積極的に勧める施策がとられています。耐震診断が必要と思われる建物は

1.建築基準法で昭和56年に改定された「新耐震基準」によりきちんと建てられた家は、阪神・淡路大震災でも大きな被害は受けていません。それ以前に建てられた家は、地震に対する強さを一度チェックする方がよいでしょう。

2.一般的な木造住宅の強度は、壁の量と強さ、バランスに拠ります。極端に壁の少ない家、あるいは家の外壁に壁がほとんど無い面がある家は、耐震性が低い可能性が高いです。

「誰でも出来る我が家の耐震診断」
というプログラムがインターネットで公開されていますので、試してみるのも良いと思います。

耐震性に不安のある方は、専門家の耐震診断を受ける事をお勧めします。手軽な一般診断なら建物を壊す事も無く手軽に受けられます。もし、耐震性が低いと判断され補強工事を考える時は、直接補強設計に進む場合と、精密診断でより厳密に調べた後に補強設計に進む場合があります。ここでは、現実的にどの程度の工事が可能か、どの程度の耐震性を目標とするのか専門家とよく話し合って、基本指針を決めましょう。

余りにも耐震性の低い建物に住み続けるのは不安ですが、膨大な手間と予算をかけて地震にびくともしない建物にする事が現実的な選択か、という事もあるので、ここでしっかり方針を話し合う事が必要です。

また、耐震改修の促進が施策になっていますので、補助金が支給される地方自治体が多くなっています。役所も専門の窓口を設けるなど、対応に力を入れていますので、一度問い合わせてみてください。


補強工事はどんな事をするの?
Q&A3

耐震力を上げるためには、耐震壁を増やします。柱の間に筋交いを入れたり、構造用合板を張ったりする事で、地震の横揺れに対抗します。

ただ壁を強くしても、骨組みの基本である柱や土台、筋交いの接合部が抜けてしまうと、建物が崩壊してしまいます。そこで、接合部を金物でしっかりと固定します。

建物を支えるのは、最終的には基礎です。基礎が弱い場合は、鉄筋コンクリートを既存の基礎と連結して打ち増したり、建物の下全体に土間コンクリート打つ等して足元をしっかり固めます。

古い家、湿気の多い家では、土台や柱が劣化している事が少なくないので、ボロボロの部分は新しい木材に取替て、接合部を金物や板などで補強します。

また建物が重ければ重いほど、地震時にかかる力が大きくなります。そこでよく行われるのが、重い瓦葺の屋根を、軽い金属製やスレート製に葺き替える事です。
ただし大きく軒の出ている屋根では、軒の固定状況を確認しないと、軽くなった屋根が強風であおられる事があるので注意が必要です。


リフォーム工事にあわせた耐震補強とは?
耐震補強をする為には、概ね、壁や天井、床等を剥がす事になります。リフォーム工事でそれらが必要な場合は、合わせて耐震補強工事を行う事により、経費や手間を省く事が出来ます。
耐震補強につながるリフォームとは、構造部に直接手を加えるか、確認できるリフォームですので、簡単に説明します。1.内装工事のリフォーム壁や天井、床を張り替える時に、下地を剥がせば構造躯体を補強できます。

・筋交いの新設、接合部の補強、構造用合板等により耐力壁を追加できる。

・床下地に構造用合板を張り水平剛性を高める。

・基礎を内側から補強できる。

2.水廻りのリフォーム

浴室やキッチンのリフォームでは、配管の工事が伴うため壁や天井、床を剥がす場合が多いので、あわせて補強工事ができます。

・壁を補強して、耐力壁を設置できる。

・水廻りは腐食している可能性が有るので、確認、補修ができる。

Q&A4

3.屋根・外壁のリフォーム

屋根や外壁を張り替える時に、下地の補強や軽量化で耐震補強ができます。

・仕上材を軽量な物に変えることで、建物重量を軽くでき、地震力の作用を小さくできる。

・外壁を剥がして、筋交いの新設、接合部の補強、構造用合板等により耐力壁を追加できる。

耐力壁の補強は、全体的にバランスの良い配置をしなければならないので、有効で適切な補強となるように、耐震診断と補強計画を事前に十分検討する必要があります。


Q&A内装・水回り

水廻りの場所は移動できる?
Q&A1

水廻りの移動では、給排水や排気の検討が必要です。特に設置場所が階上やマンションの場合は、給配水管の経路や排気ダクトの設置状況に注意が必要です。

1階の場合は、床下に空間がある場合が多いので、比較的自由度が高いですが、スムーズな排水の為には場所場所による制約があります。

階上階では、一般的に床下に設置してある配管を移動する為に、階下の天井を剥がさなければなりません。また、梁などの構造部材により、1階の床下ほど空間に余裕が無いので、制約が多くなります。

マンションでは、配管の位置がそれぞれ違った収め方をしているので、それにより違った形になります。
床の構造体下に設置してある場合は、空間的には階下の方のスペースなので、そこでの工事はほぼ不可能です。
床の上に出ている所、すなわちこちら側の空間での工事は可能ですが、当然配管の分、床の高さが上がります。始めからこの収め方をしているマンションでは、トイレや浴室の床が高くなっているので、イメージはつかめると思います。
この方法で良ければ施工可能ですが、離れた場所まで移動するのは現実的ではありませんね。マンションでは動かせる範囲は限られると思ってください。


リフォームでの防音対策は?
防音目的により対応が変わってきますが、暮らしの快適さを求めるベーシックな防音では床や壁、天井に防音材を使う、窓を二重にする等により、快適な住空間に出来ます。ピアノ室やAVルームなど本格的な防音室にする為には、ユニットの防音ルームを組み込むのが確実です。しかしマンションのようなコンクリートの建物なら良いのですが、木造の場合は、かなり重いユニットタイプを2階に設置するのは難しいです。ただし様々な音響、防音建材が出ていますので、それらを組み合わせて、それぞれの住宅に合った設計により、ある程度のレベルまでは施工可能です。

健康に配慮した仕上材とは?
Q&A2

シックハウスの対策として、内装材にはホルムアルデヒドに関する規制があり、殆どの建材は最高のF★★★★となりました。
その他にも様々な規格、規制があり、以前に比べればかなり改善されています。

しかしながら、あくまでも一般的に使用しても問題は無いという、基準値内に収まっていると言うだけで、完璧に無害と言うわけではありません。すでにアレルギー症状のある方や敏感な方は、自然素材で仕上げるしかないのが現状です。

床材では、天然無垢材のフローリングがあがります。木の板そのままですから正に自然素材です。ただし、隙間やそり、割れがどうしても出がちなので、普段の手入れが欠かせません。

石やタイルはデザイン的には面白いですが、素足での生活には不向きと言えますので、洋風の生活を徹底する気持ちで暮しましょう。

最近では絨毯敷きの部屋は敬遠されがちです。絨毯に問題が無くても、埃やダニでアレルギーの元になり掃除も大変だからでしょう。
それでも特に天然素材の絨毯は魅力的で捨てがたいものです。

その他、天然素材のコルクは、機能的で質感も良いものですが、加工していないものは丁寧な取り扱いで、きれいに保ちましょう。

壁や天井材では、無垢板は断熱や調湿効果があり優れた材料ですが、美しく保つには日ごろの手入れが欠かせません。

タイルや石はデザイン面に優れていますが、全面的に張るのは大変ですし、冷たい感じもするので、部分的に使うのも面白いでしょう。

塗り壁が見直されてきました。流行の珪藻土や伝統的な漆喰などが有ります。接着剤で簡単に塗れる機能的なものもありますが自然素材とは言えないでしょう。
漆喰などは特に手間暇もかかりますが、見た目に趣があり調湿効果も有りますから魅力的な仕上材です。


間取りはどの程度変えられるの?
間取りを使いやすく変更するためには、壁や柱が邪魔になる事が多いです。自由に取り除ければ良いのですが、構造上できない場合も多いです。以下に構造別に簡単な目安をあげてみます。鉄骨造やコンクリート造は、それぞれの部材が構造上意味を持っている場合が殆どなので、基本的に柱や梁、壁や床は抜けないと思ってください。逆に構造材では無い部材、例えば木造の壁等は、取り除いても問題有りません。
マンションのスケルトンリフォームのような形なら、内装は全て作り直す事も可能です。木造の在来工法(一般的な木造住宅)や2×4工法も基本的には主要な構造体は取らない方が良いのですが、在来工法は一般的には割合自由に変更ができると言われます。変更した場合の補強がしやすいのでそう言われるのでしょうが、簡単には補強できない場合も多いので、プラン時に良く確認が必要です。
特に構造上の耐力壁は、取るべきではないですし、どうしても取る場合には、全体的な耐震計画に基づいた補強をするべきです。

2×4工法の場合、イメージとして部屋の壁一面全てが、ひとつの構造体と考えると分かりやすいでしょうか。その為小さな変更でも、制限・制約が多いので、まず構造上の検討が必要です。


キッチンの交換時期はどのくらい?
キッチンの交換時期の目安は、15年~20年ほどですが、使用状況により大きく変わってきます。 そして耐久性ばかりでなく、使い勝手の悪さから交換を考える事も有るでしょう。
設備機器は年々進歩していますので、ショールーム等で自分に合った便利で快適な製品を見つけたら、それも変え時かもしれません。

リフォームで床暖房にできる?
もちろん可能です。床暖房は、温水式と電気式の2種類に大別できます。温水式は、熱源はガスか電気か灯油です。給湯器やボイラー、エコキュート等で温水をつくり、それを床下のパイプに通し、パイプから伝わる熱で床を暖める仕組みが温水タイプです。電気式は、床下の薄いヒーターに電気を通し発熱させて暖房する仕組みです。一般にマンションや連続使用の少ないケースでは電気式が有利ですが、常時使用の暖房能力はガスの方が高いようです。

ただし、リフォームで既設の床の上に床暖房を設置すると、どうしても床が高くなってしまいます。床を下地ごとやり直せば良いのですが、住みながらの場合はいろいろと制約もあり、構造的に下げられない事も多いので、事前の検討が必要です。


収納家具をスッキリ、格好良くできる?
Q&A3

注文造り付け家具なら、、スペースや物に合わせてピッタリ造れ、デザインも自由に作れます。
ただし、注文してから時間がかかり移設ができない、かなりコストがかかるなどの、デメリットがあります。
建材メーカーのユニット家具は、造り付け家具ほどスペースを有効に活用できませんが、工場生産品の為品質もよく、デザインや使いかってがお住まいの状況に合えば、お買い得かもしれません。


Q&A外装・庭

屋根や外壁のメンテナンスは?
Q&A1

粘土瓦はずれや割れ、漆喰の補修等が必要ですが、瓦自体の耐久性はかなり高いです。そのため古い家では瓦よりも下地となる野地板の傷みで、下地ごと葺き替えが必要になる場合があります。

石綿スレート瓦(コロニアル)は、歳月と共に色が劣化します。防水性が劣化する事は無いそうですが、割れや浮きの点検を10年を目安に行い、気になるようでしたら塗替えの検討もしましょう。
金属板葺きは、ステンレスやガルバリウム鋼板のような耐久性に優れた材料もありますが、一般的な亜鉛鉄板葺きでは、5年以内での塗替えが必要です。

外壁は定期的な塗替えが必要で最近主流のシリコン系は、10年以上の耐久性があると言われますが、窓廻りや目地のシーリングの寿命が10年程度なので、それを目安に改修が必要です。
サイディングも塗装仕上の耐久性はかなり上がっているようですが、同じくシーリングの寿命に合わせて10年を目安にしてください。


屋根の葺き替えはカバー工法で大丈夫?
解体時の埃や廃材が無く、工事中の天候の心配も要らないカバー工法(既存の屋根材の上に施工する工法)が増えています。工期が早く、施工費が安く、断熱にも効果があり、エコまでうたっていて、良いことずくめですが、やはり長所と短所があります。一番の問題は下地の良し悪しです。下地が悪ければそのまま上に被せる訳にはいきませんから、この工法では施工できません。次に重量の問題が有ります。カバー工法には当然比較的軽い屋根材を使いますが、確実に重量は増えますので、耐震性が心配な建物は避けたほうが無難です。
耐震診断で補強を含めてリフォームを考える事は良い事ですが、余り大掛かりな工事になるようでしたら、普通に葺き替えたほうが安心ですね。

屋根材としては、耐震性に余裕がある場合を除き、金属系の重量が軽いものが無難でしょう。ガルバリウム鋼板は耐久性も高いですし、一般的に断熱性も考慮されています。

また、外壁サイディングもカバー工法が可能です。この場合屋根以上に下地の問題と、建物の耐震性を確認する必要があります。


ウッドデッキの寿命は?
Q&A2

人気のウッドデッキですが、木である以上経年劣化は避けられません。設置場所や手入れの仕方によりかなり変わってくると思いますが、何の手入れもしないと、10年以内で痛んでしまう事も在ります。

ただし材質によっても違いが有るので、高価なものは耐久性もあるあり、20年持つものもあります。

長持ちさせるためには設置場所が重要で、ジメジメと湿気を帯びた場所では傷みが早いですし、そして何より手入れが寿命を左右します。
あまりジメジメしない状態で使え手入れが行き届いていれば、一般的なレッドシダー材でも10年~15年、イペやウリンのような耐久性のあるものでは20年以上もつようです。

また、設置場所や手入れが難しい方には、各種保存処理により耐久性を上げた加工木材や腐らない人工木材も有りますので、それぞれの特徴を確認して、使い勝手にあわせた材料を選んでください。


太陽光発電システムとは?
太陽光発電とは、住宅の屋根に太陽電池モジュールを設置し、そこで発電させた電力を変換させて家庭内で使用できる電気をつくり、電力会社からの電力使用量を 減らすシステムです。日射量の多い晴天日の昼間には、太陽光発電システムの発電量は家庭内での消費量を上回るため、余った電力は自動的に 電力会社に売却します。
逆に、日射量の少ない朝夕や曇天日、日射量がゼロに近い雨天や夜間には、太陽光発電システムでの発電量では家庭内での 使用量をまかなえないため、不足分は電力会社の電気を購入します。国は、太陽光発電の普及のため、一般住宅への太陽光発電システムの設置を支援する、補助金制度を設けています。
また、太陽光で発電した電力のうち、 家庭で使用しなかった電力(余剰電力)を電力会社に売り、売電収入が入ります。

家が寒いのでリフォームで断熱工事は出来る?
建物の断熱と言えば、まず断熱材が問題となります。木造住宅では壁の中に繊維質の綿のような物が詰まっているのを、見たことがあると思います。
今ではウレタン等を発泡させた断熱材も多く使われるようになりましたが、内側からの施工では全体的な大規模リフォームの時にしか出来ません。それでも断熱性の低い建物では、リビングダイニングのような長時間居る部屋のリフォーム時に、その部屋だけでもしっかりと断熱する事により、 空調費を抑える事が可能です。建物を外側から断熱材で囲ってしまう外断熱工法も普及してきました。この方法なら住みながらの工事も可能ですが、屋根も外壁も全て撤去して外断熱工事の上 新規に仕上げるとなれば、やはり大規模な工事になります。

一度に大規模な工事が難しい場合は、断熱材が裏打ちされた金属性の外装材で屋根や外壁を張替える方法もお勧めです。
本格的な外断熱工法よりも 断熱性や気密性は劣りますが、軽い材質で建物への負担が少なく断熱性が上がります。傷みの激しい屋根を先に工事して、しばらくしてから外壁を工事するような事も出来ます。

住宅の断熱で重要なのは窓です。住宅リフォームにおいては、ここを断熱する事が手軽で効果的な場合が多いです。何しろ薄いガラス一枚の仕様では、断熱性は期待できません。

Q&A3

ガラス面の断熱と言えば、二枚のガラスの間に隙間を設けたペアガラスが一般的です。
空気層が6mmの物であれば、既設サッシ枠で交換可能ですし、 12mmの物でも取付け可能なアタッチメントがあります。
隙間の大きいほうが断熱性が高いですが、一般サッシ枠では枠の部分が結露しますし、気密性も低いままです。

窓を枠ごと断熱タイプの物に交換すれば、
断熱性・気密性・防音性が改善され快適さが増します。この場合外壁や内側の窓枠の工事がが絡みますので、お手軽とは言えませんが、既設の窓枠を利用して、壁の部分はそのままで取り付けられる、カバー工法用のサッシもできました。

また既設の窓はそのままに、内付けの樹脂サッシで二重窓にすると、断熱性・気密性・ 防音性が相対的に上がります。既設の窓枠を利用して設置できるので、お手軽に施工できます。

リフォーム電話でお問合せ
メールでお問合せ