リフォーム
リフォーム
リフォームビルダー
リフォーム電話でお問合せ
メールでお問合せ
ペットリフォーム

ペットと暮すためのリフォームポイント

ペットといっても大切な家族の一員です。そして彼らはとても繊細でもあります。
いろいろと工夫して、彼らにとっても快適な住まいにしてあげたいものですね。
ペットにも人にも、住みやすいリフォームを一緒に考えましょう。

ペットの床

傷や音が気になる床の仕上

ペット床キズ・汚れに強い床材

よく歩き回ったり走ったりする犬の場合、床につくキズが気になります。床材の特長を知って、お家にあった仕上げを選びましょう。
フローリングは細かいキズが付きやすいのですが、ペット向きのキズが付きにくいものも出ています。

よだれやアンモニアなどの加工対策がなされ、滑り止め加工も施されています。フローリングにこだわるなら、そういった物を選ぶか、いっそ天然の無垢材という手もあります。材種によって意外とキズや汚れが目立たず、補修がしやすい事が特徴です。

ただし、どちらも走り回るような犬には、滑りやすい事でやはり足腰に負担がかかる可能性に注意が必要です。

カーペットは滑りにくく、足腰への負担も少なそうですが、ループカーペットの場合、猫などは爪を引っ掛けたりするので、カットパイル調のものを選びましょう。

カーペットの場合はどうしても汚れが気になりますので、タイルカーペットのような、部分的な張替や水洗いが出来るものが向いています。

コルクフロアは、弾力性があり滑りにくいので、ペットにも優しい素材です。表面加工が施され、キズに強いものもありますが、やはり引っかき傷には注意が必要でしょう。

クッションフロアは、水濡れに強く、弾力性があり歩行感も良いので、適した床材のひとつです。ただし、尖った物でのキズには弱いので猫の引掻きキズなどの恐れがある場合は、注意が必要です。

それぞれの特徴をペットの過ごし方とご自身の好み、部屋の使用状況を考えて、一番あったものを選択してください。

ペット床2床の音対策

犬が床の仕上げの固い所で歩き回ると、カチャカチャと意外とうるさいものです。
特に就寝時に一緒に寝室に居る場合は、床の仕上に気をつけましょう。

寝室の場合、カーペット敷きであれば問題無いですが、汚れる可能性があるのでしたら、タイルカーペットのような、部分的に張り替えられる物がおすすめです。
また、弾力性のあるコルクフロアも、温かみがあって寝室向きです。

階下への音の響きが気になり、さらなる防音対策が必要な場合もあるでしょうが、本格的な防音措置を施すのは大変なので、弾力性のある 床材を選ぶのが、無難ではあります。

マンションでも、防音フロアの使用が義務付けられていますが、フローリングの場合はその上に、弾力性のある仕上材を被せたほうが無難です。

また、敏感なペットの場合、人の歩行音が気になって落ち着かない事もあるので、ペットの性格や暮らしぶりにも考慮する必要があるかもしれません。

東リペット用カーペット「ファブリックフロア」

DAIKENペット用フローリング「ワンラブフロア」

ペットの壁・天井

臭いや汚れに考慮した壁・天井

ペット壁機能壁紙で消臭

ペットを飼っていると臭いや汚れが気になりますね。
そんな悩みを解消する為に、今では壁紙でありながらペットに対応できる、高機能を持った壁紙が色々とあります。

消臭機能を持った壁紙は、その名の通り薄い紙一枚ですが、壁・天井と広範囲をカバーする事で消臭効果が発揮されます。
強力に臭いを吸い上げるわけではないので、普通の香りはそのままで、悪臭だけを、適度に取り除くといわれています。

また、その効果は10年以上持続するといわれているので、そのタイミングで張り替える事で効果を持続できます。

特別な工事無しに、壁や天井の壁紙を張り替えるだけで、消臭・抗菌効果が有るので張り替えの際にはぜひ使って、クリーンな空間にしましょう。

また、ペット対応と称して耐久性や汚れ防止機能を特に強化した壁紙もあります。引掻き傷にもある程度対応力があり、汚れの浸透にも強い対応力があるといわれますので、ペットが良く活動する場所にはおすすめです。。

ペット壁2調湿壁材で、湿度や臭いをコントロール

壁に貼るだけで湿度を調整してくれる調湿壁材は、湿度が高い時には湿気を吸収し、乾燥して来ると湿気を放出して、部屋の湿度をコントロールしてくれます。
過度の湿気を抑えてくれるので、壁や窓の結露防止にもなり、快適な室内環境をつくってくれます。

また、消臭機能も持っていますので、ペットの匂いも吸収してくれるなど空気をきれいに保つ機能で、人にもペットにも優しい、健康建材です。

ある程度厚みのある材料なので、壁全面に貼るには下地や枠の調整工事が必要な場合も有ります。反面、壁全面でなくてもある程度の面積を、部分的に貼るだけで効果が期待できるので、既設の壁面の一部にデザインとして貼るような使い方でオシャレに仕上げられます。

INAX「エコカラット」

DAIKEN「さらりあ~と」

キズや汚れに強い腰壁で壁の汚れをブロック

ペットの通り道や体をこすり付ける場所での汚れや、猫の爪とぎキズの防止のために、床から90cm程度の高さまで、腰壁を張る事が効果的です。

ペット対応などと表示されている、耐傷性・耐汚性の優れたものを選べば、汚れが付き難く、簡単なお掃除で清潔さを保てます。また、爪による引掻き傷にもキズが付き辛くなっています。

バリアフリー その他の快適ポイント
ペット他換気で快適な空気環境

快適な空気環境を保つために、室内換気は重要なポイントです。

現在の住宅は、24時間の全室換気が義務付けられていますが、それ以前に建てられた家では、窓を開けて換気するか別に付けた換気扇を回すなどして、換気する必要があります。
冬の寒い時に窓を開けて寒い思いをするのもつらいですね。

そこで、24時間換気ファンを取り付けて、クリーンな空気環境を保ちましょう。
換気扇の電源が必要ですが、換気扇を取付けるのはトイレや洗面所など2,3ヶ所です。
その他に居室ごとに1,2ヶ所の給気口を取付けるだけで、居室の24時間換気が出来ます。

壁に10cmほどの円形の穴を開けて、換気扇とカバーを取付けるだけなので、2階の外部などで手の届かないところの他は、比較的容易に取付けることが出来ます。
これで人にもペットにも快適な空気環境を保つ事ができます。

ペット他2ペットも人も快適なペット用くぐり戸

ペットも家の中を自由に歩きたいと思っているでしょうし、小型の室内犬で散歩の少ない犬は、家の中を歩く事で運動不足解消にもなります。
しかし、ドアを開け放しにするのは、夏場や冬場の空調が必要な時にはつらいですね。
ペットだけが自由に出入りできるペット用ドアをつければ、ドアを閉めたままでも自由にペットが動きまわれます。

今の既製品ドアには、オプションでペット用くぐり戸を組み込めるものが出ています。
ドアを付け替える時にこれを選べば、デザイン的にも違和感の無い、ペット用くぐり戸付きのドアが出来上がりです。
また、壁に直接取付けるペット用くぐり戸もありますので、出入口ではない場所で、ペットに出入りをさせてあげたいところに、ペット専用のドアを取付けることも出来ます。

リフォーム電話でお問合せ
メールでお問合せ