リフォーム
リフォーム
リフォームビルダー
リフォーム電話でお問合せ
メールでお問合せ
二世帯住宅のメリット

二世帯住宅のメリット

二世帯住宅を検討する人が増えているようです。
収入的に子世帯だけで家を建てるのは難しいとか、親世帯だけでは支払の長期ローンが組めないといった、経済的なことが大きな理由になっていると思われます。

二世帯住宅は、親子両方の世帯にとってどの様なメリットがあるのか見ていきましょう。

二世帯住宅

二世帯住宅の経済的メリット

土地や建築費用などの負担軽減親世帯が元から持っている土地に、二世帯住宅を建てることが出来れば、土地を購入しないで住まいを手に入れることが出来る子世帯にとって、大きな経済的メリットと言えます。

土地の購入費用がかからず建築費のみですめば、親世帯にリフォームをして二世帯住宅を建てるだけの資金力がなくても、子世帯がマイホーム購入資金を貯蓄してあれば、二世帯住宅を建築するは可能になるでしょう。
また、親世帯では難しい長期のローンも、子世帯であれば可能となるでしょう。

土地の購入費用が掛からないので、全て二世帯住宅建設に当てることができ、親世帯も子世帯も過度の負担もなく建築が可能になります。

実際の建築費用についても、完全分離型で全て二世帯分の部屋・設備を造った場合でも、二棟建築するより一棟で建築するほうが、基礎や大工工事、屋根・外壁工事など、一まとめにでき相対的に建築費を抑える事が出来ます。
また生活空間に直接反映しない仮設工事費や設計監理の費用など目に見えない費用も同様です。

ランニングコストの負担軽減など二世帯住宅でも同居の形態により違いがありますが、共有型や一部共有型は、ガス・水道・電気などの光熱費の基本料金を一世帯の契約にする事で節約できます。

完全分離型の場合はランニングコストは別々になりますが、庭や付随するサンルームやウッドデッキなどの、外部の交流スペースを意識的につくり共有する事で、分担するメリットも生まれます。

二世帯タイプ1 共用型
パブリックスペースは共用する、まさに同居ですね。
経済的でコンパクトですが、始めからプライバシー云々は問わない家族でないと難しいでしょう。
共用とはいっても、トイレや洗面台の数は考慮する事とバリアフリーにはしっかり対応しましょう。
二世帯タイプ2 一部共用型
玄関や水廻りなど一部を共用するタイプ。それぞれの家庭により、どうしても2ヶ所必要な場所は独立させ、その他は共用します。
広めの共用にした方がいいか、狭くても2ヶ所必要かそれぞれの家庭にあわせて選択し、必要なプライバシーを確保できれば、案外暮らしやすいようです。
二世帯タイプ3 完全分離型
完全に独立した二世帯住宅です。予算とスペースが必要ですが、プライバシーが保ちやすく、気兼ねも少なくてすむと思います。
ただし、上下で分離の場合、寝室の上は子供部屋部屋を避ける等配置に気をつけましょう。
二世帯改装

同居生活によるメリット

子育てにおけるメリット
二世帯住宅を子育ての面に注目して考えると、たくさんのメリットが有ります。
親世代に孫の面倒を見てもらうことが出来ますし、一般的に快く引き受けてくれるので、外出がしやすくなります。

特に急な病気(自分たちの事も含め)の時などは、本当に心強い存在です。
またそんな、子供にトラブルが起きた時でも、子育て経験者である母親の存在は、大きな力になってくれるでしょう。
親としての経験が少ない子世代にとって、経験豊富な親が近くに居る事は、大変心強く大きなメリットと言えます。
また、複数の子育てに追われる母親にとって、一人にかかりっきりになる状況の時にも、面倒を診てくれる人が居る事は、非常に助かります。


親世代のメリット

親側にたって考えた場合でもメリットがたくさん有ります。
例えば親が定年の状況で、そろって長期旅行に行きたい時、家に子世帯夫婦が、居れば、防犯面などにも安心して出かける事が出来ます。

歳をとって日常の生活にも色々と苦労するようになっても、、二世帯住宅に住んでいれば子世帯がいるので、心強く安心感があります。
親子両世帯にとっても、将来の介護の問題を身近で具体的に考えられるので、準備や方向性についても、十分な検討が出来ます。

また、親世代からすると、特に孫の世話など生活にやりがいや張り合いが出来て老化や痴呆を防ぐ手助けにもなり、親世代夫婦だけの暮らしでは味わえない充実感が生まれます。

受け継がれる生活の知恵とコミュニティ
家族にも受け継がれる伝統がある
核家族化が進み三世代同居が珍しくなりました。
また親の世代も自分たちの生活様式を、子供たちに引き継がせる事を避けているようです。

その結果、昔はあった家族の伝統と言うものも、すっかり姿を消してしまいました。
それぞれの家庭の味や礼儀作法の伝承、伝統行事や冠婚葬祭の知識など、暮らしの知恵や生活文化です。

戦後の日本人は特に都市部において、こういったものを面倒くさいものとして捕らえてきました。新しい進歩的な時代には必要ないと。
今、現代の社会を見て、本当にそうだったと言えるでしょうか。
もちろん古いしきたりや慣習が、多くの負の面を持っていた事も事実です。
しかしそれと同時に、現代社会が抱える問題の解決策が古い伝統の中に潜んでいるような気がします。

これから新たに二世帯で生活する事により、昔のような上から下の一方的な流れだけでなく、子や孫からの現代的な影響も受けつつ、新しい家族の伝統を築く事が出来ると思います。
その家族の伝統、生活の知恵といったものが、現代に通じる形で新たに伝承され、社会をよりよく形作るそんな力になっていくのではと、期待をこめて思っています。


長く世代を超えて付き合うコミュニティが安定した地域を作る

「隣に住んでいる人の顔も知らない。」時々聞く言葉です。
今、都市部ではコミュニティの力がすっかり衰退してしまいました。

日本は世界的に見て、非常に治安のいい国でした。
それは、警察力が優れているからとか個人の資質とか言われましたが、一番の大きな理由はコミュニティに力が有ったからだと思います。
一方その力は、時に息苦しさを感じさせ、不要な物と切り捨てられてきました。

しかし地域の力、人の力は、コミュニティの力にも影響される事を、東日本大震災により大きな打撃を受けた、東北の方々が教えてくれたと思います。
逆境の中、世代に関係なく人としての強さを見せてくれたのは、そこにまだコミュニティの力が残っていて、地域の人々に対して人としての愛情を、自然と感じる事の出来る、つながりが残っていたのだと思います。
そこには、長く世代を超えて付き合うコミュニティが存在していたということです。

私達の地域での生活においても、そのようなコミュニティを新たに創る事が出来れば、安定した地域、社会を作る力に必ずなると思っています。

地域のために、そのメリットを発揮できるよう、二世帯住宅・リフォームを通じて、長く住むお手伝いをする事で、貢献できればと思っています。

リフォーム電話でお問合せ
メールでお問合せ