リフォーム
リフォーム
リフォームビルダー
リフォーム電話でお問合せ
メールでお問合せ
介護,バリアフリー

自宅で長く暮せる為のバリアフリー・介護リフォーム

従来からの日本家屋の構造は、高齢者に適さない部分が多く、家の中での「転倒」「転落」などの事故原因となっています。

介護リフォームにより、住宅のバリアフリー化や、ユニバーサルデザインの考えを取り入れた設備を導入することで、高齢者の事故を減らすと共に、介護者の負担を軽くし、高齢者が自宅で長く暮せる事が可能になります。

バリアフリー

バリアフリー化と使いやすいデザイン

高齢者や障害者の方などが、日常生活において出来るだけ不自由さを感させない住まい作りを、住宅のバリアフリー化といいます。

生活上の妨げとなる「物理的障害」や「精神的障壁」などのバリアを取り除き、出来るだけ不自由から開放するという意味です。
バリアフリー化は、主に高齢者や障害者の方の行動や、生活での支障を無くす事を言いますが、同時に介助を行う方の負担を軽減する事がバリアフリー化の目的でもあります。
高齢者や障害者だけでなく、介助の方も含めた多くの人にとって快適な暮らしを支える、その考え方とその実行が、バリアフリー化です。

バリアフリーの考え方を突き詰めていくと、子供や具体的には障害を持たない人々全てにとっての、安心できる形をデザインするというユニバーサルデザインという考えにたどり着きます。
これは、年齢・能力・体格・障害の有無などによる区別が無く、誰でもが使いやすいデザインの事で、誰でもが安全に安心して利用することが出来るような環境を目指すという事です。例えば、車椅子が通りやすいスロープは、ベビーカーを押すお母さんにとっても、良いデザインであるという考えです。

高齢化や介護の問題では、個人的にも社会的にもこういった考え方を浸透させ、快適に安全に暮せるよう配慮する事が重要です。

介護

介護リフォームのポイント

介護を考慮したリフォームでは、当然バリアフリーデザインの考慮が必要です。
しかし、始めから何から何まで出来るだけの装備を設けるより、将来に備えてその時には簡単に改装が出来る準備をしておきましょう。

それまではなるべく少々の障害は気にせずに、気持ちから老ける事の無いように、元気に暮してもらう事も大切です。

以下に基本的に考慮する必要が有る具体的なポイントをあげておきます。

階段リフォーム

段差を無くして平らに。

高齢者はわずかな段差によるつまずきで転倒の危険性が高いので、出来るだけ段差を無くします。。
法の規定では、設計寸法で3mm以下、実際の仕上がり寸法で5mm以下を、段差なしと規定しています。

階段は、広く緩やかで踊り場付きの曲り階段がよい。

可能な限り広く緩やかな階段が望ましいです。
転倒時の落下を考え一気に下まで落ちないよう、踊り場付きの曲がり階段が理想です。

階段や段差の視認性を考慮する。

階段の照明は、踏み面を集中的に照らす足元灯を併用します。
また段差の鼻先は視認性を良くするために、色を変えて注意を促すと良いです。

トイレの扉は引き戸か外開きにする。

内開きのドアは、中で人が倒れこんだ時に開けられなくなる恐れがあるので、引き戸か外開きドアにします。

ドアのノブは扱いやすいレバー式ハンドルにする。

握力が弱ってくると、握ってまわすノブは使いづらくなるので、レバー式にします。
但し、形状により袖口などを引っ掛ける可能性があるので、レバーの形にも配慮しましょう。

浴槽の形は和洋折衷型のもので、半埋め込み式がよい。

浴槽は縁の高さがある程度抑えられていて肩までしっかりと浸かれる、和洋折衷型と呼ばれる物が良いでしょう。
これを縁の高さが400mm~450mmとなるよう若干埋め込みます。
ユニットバスの場合も、これに準じたデザインで選びます。

手摺の取り付け。

玄関や廊下、浴室、トイレ、階段には手すりを付けましょう。

床材選びは慎重に。滑りにくい材料がよい。

床材は滑りにくい物を選びましょう。コルク床などは弾力性や断熱性があり、高齢者向きといえます。
カーペットの場合は、タイルカーペットにすると部分的な張替も容易で、比較的清潔に保てます。
また、フローリングの場合は、ワックスやコーティングなどで滑らない工夫をしましょう。

車イスで廊下や出入り口を通るには

一般的な910mmモジュールの廊下では、自走式の車椅子は通れないと思ってください。
介助用車椅子であれば通行は可能ですが、部屋などへの出入りには、広めの開口部(建具の開口幅など)が必要になります。
参考寸法をあげると、自走式の場合は、廊下幅、建具開口幅共に850mm。介助用の場合は、廊下幅780mm建具開口幅750mmが必要です。

以上のような事に可能な限り配慮して計画してください。

介護リフォーム

介護保険制度によるリフォームの進め方

介護認定を受けた方は、介護保険の対象となる工事費用に対して、20万円を限度にその9割が助成されます。
リフォーム工事を進めながら、助成金を受け取るための書類作りも進めます。

介護イメージ2

1.ケアプランの作成

ケアマネージャーに相談の上、リフォームに係わるケアプランの作成。

2.役所の担当部署に相談

地方自治体により、事前の許可が必要になるので、工事前の相談が必要。

3.介護リフォーム工事の依頼

介護リフォーム・バリアフリーリフォームを施工する工事業者を選ぶ(地方自治体により登録業者制度などがあり。)。

4.現地での調査・打合せ

業者に実際に家の構造やリフォーム部位の調査を依頼し、実際の行動状況を詳しく伝える。

5.リフォーム実行プランを検討

業者から出されたプランをもう一度よく検討する。

6.リフォーム費用の確認・契約

介護イメージ3

リフォーム図面と自己負担金および助成金を明確にした見積書の確認。
工事を決定、契約。

7.工事開始

8.助成金の申請

工事完了後に助成金の申請書類を作成。
申請に必要な書類。
改修完了確認書
工事費内訳書
領収書

9.助成金の還付

※地方自治体によって、申請方法や還付の方法が異なる場合があります。

リフォーム電話でお問合せ
メールでお問合せ